« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月25日 (日)

ftpクライアント

ftpクライアント

ブラウザからもftpサーバーのファイルをダウンロードすることはできる。 ftp サーバーのディレクトリ構造の深い場所にあるファイルを一覧するには gui のftpクライアントの方が便利である。

ブラウザからftpサイトにアクセスするにはurl入力欄に 「ftp://ftp.hoge.com/」のように打ち込む。ホームページを見るときは 「http://」に続けてホスト名を入力する。urlの冒頭部分をハイパー・テキ スト・トランスファー・プロトコル(hyper text transfer protocol)からファ イル・トランスファー・プロトコル(file transfer protocol)に変更する。

通常のftpサーバーにアクセスするにはログインユーザー名とパスワードが 必要になる。従来型のホームページをアップロードするためのプロバイダ側 ftpサーバーにブラウザでアクセスしようとするとユーザー名とパスワード を入力するためのダイアログボックスが現われる。ftpサーバーにログイン できたら、これまでにftpクライアントソフトを使ってアップロードしてい るファイル名一覧が表示される。それらのファイルを自分のパソコンにダウ ンロードすることはできる。

しかし自分のパソコン内にあるファイルをブラウザからアップロードするこ とはできない。この仕事にはftpクライアントソフトを使うことになる。ホー ムページ作成ソフトにはアップロード機能が付属している。その場合は予め ユーザー名とパスワードが設定している。ftpクライアントは裏で動いてい る。

ログインユーザー名を持たない(ftpサーバーに登録してない)誰でもアクセ スできるanonymous(匿名)ftpサーバーからダウンロードする場合はユーザー 名として「anonymous」を使う。パスワードとしては自分のメールアドレス を入力するのが慣例である。

昔のnetscapeの時代はブラウザとメーラーが一体化していた。おまけにhtml ソースファイルの編集つまりホームページ作成機能までが付いていた。作っ たソースファイルをサーバーに送り出すftpクライアント機能までは備わっ ていない。

メーラーが一緒だったのでnetscapeの初期設定でメールアドレスを設定する。 netscapeをメーラーとして使わなくてもメールアドレスをセットする。ブラ ウザは自動的にセットされたメールアドレスをanonymousu ftpサーバーに送 り出す。何もしなくても直ぐにftpサーバーにつながる状態になっているの である。そうでなかったらメールアドレスを入力することになる。なお、サー バーがunix 系であったならanonymousに代えてftpでもよいらしい。

従来型ホームページをアップロードするにはftpクライアントを使う。私が インターネットを始めた1997年頃はftpクライアントソフトの種類は少なかっ た。後述のftp explolerを使いはじめる。最近になってその本家サイトを見 るとシェアエアに変更されたらしい。

プロバイダのホームページエリアにアップロードするにはホームページ更新 専用の「小次郎」を使っている。一度設定しておけばワンボタンでよい。他 のftpクライアントではさわれるところが一杯ある。無意識のうちに何か違 う設定にした可能性を心配する。小次郎ならホスト名さえ間違いなければ他 を考えなくてよい。

最新型のホームページであるブログはブラウザさえあれば作れる。ブラウザ を通してプロバイダ側にあるフログ作成ソフトと対話しながら作業する。自 分のパソコン内で作ったページをftpクライアントソフトによりプロバイダ に送るのではない。プロバイダから自分に割り当てられた場所(ディスク領 域)に置いたファイルをブラウザを介してインターネット越しで編集する。

インターネットの世界は激変している。従来型電子メールはプロバイダの郵 便受けに届いたメールを自分のパソコンに取り込んで(ダウンロード)して読 む。現在のウェブメールはプロバイダの郵便受けにあるメールを自分のパソ コンからブラウザを介して読む。電子メールそのものはプロバイダの郵便受 けに置いたままにする。

ダイアルアップ接続でインターネットにつないでいるときは、cuiのftpクラ イアントを使う気にならない。キーボードを前にして操作が分からなくなる と接続時間が気になる。3分10円の電話料金が頭をよぎると落ち着かない。

昔のunix時代ならcuiのftpしかない。その頃の家庭にパソコンはない。勤務 先とか学校からftpを使う。インターネットの接続料金は会社持ちである。 仕事なら何としてでも使いこなす必要がある。最初のモタモタ練習は仕方な い。料金よりは実際に使えることが重要である。

その後、自宅のパソコンからダイアルアップ接続する時代になる。接続料 金は本人負担になる。練習する間の通話料金が勿体ない。簡単迅速に使える guiのftpクライアントを使う方が気分的に楽である。

adslなどの常時接続になると接続時間に関係なく定額になる。長時間接続で 料金がかさむ気掛りから解放される。そこでcuiのftpも使ってみようかとな る。

cuiはキャラクターユーザーインターフェイス(character user interface) の他にコマンドラインユーザーインターファイス(command line user interface)の省略形ともいえる。なお、guiはグラフィカルユーザーインター フェイス(graphical user inteface)である。

現在はコマンドラインを使わないでも、あらかたのことは片付いてしまう。 コマンドラインがあることさえ知らないかもしれない。キーボードだけでパ ソコンと対話するのは何か高尚な香りがする。素早くキーボードを叩いてい る姿は格好がいい。コマンドラインを自在に操ることに憧れる。

高校時代であったろうか、英語の先生が機械式タイプライターを使っている のを見て憧れる。社会人になってから、その当時としては時代遅れであった と思う機械式タイプライターを格安で買い込みブラインドタッチを目指す。 何とか四本指を使えるようになる。パソコンのキーボードとは違って、キー を押すというのではなく叩くという風でないと克明に印字されない。打ち間 違えると修整できない。英単語の綴りを憶える訓練にもなる。この練習が後々 のパソコンでのキーボード操作に役立つことになる。

私がコンピュータに初めてさわったのは昭和50年頃のことである。当然自宅 にある筈はなく学校の備品である。本体は机の天板の半分もある大きさで厚 みは十五センチくらいある。とても一人で持ち運べるようなものではない。 入出力は機械式のタイプライターである。ブラウン管式のディスプレイでは なく、金属製のタイプヘッドにより紙に打刻印字する。使えるのは英数字に 限る。自分の作ったプログラムを穿孔紙テープにより機械に読み込ませる。 フロッピーディスクはディスク自体が高価で学生が使えるものではなかった のであろう。

平方根を手計算する手順を機械語に近いアセンブリ言語で書いた穿孔テープ を作る。それを読み込ませて、数字の2を打つと1.41421356が一桁ずつカタッ、 カタッとゆっくりした速さで機械式タイプライターに打ち出してくる。

拙作なプログラムでも希望通りに動くと嬉しい。一台の機械を10人くらいで 使い回した気がする。一年80時間くらいの授業で一人当たり8時間さわった くらいと思う。

その後、平成七年(昭和七十年、1995年)までコンピュータとは縁が無い。そ の年の暮れにwindows 3.1のパソコンを買い込む。起動と終了のときにはコ マンドラインが現われる。現在のwindows機ではメニューからms-dosプロン プトを積極的に引っ張り出してこない限りコマンドラインを目にすることは ない。普段でも最初と最後にコマンドラインが姿を見せる最終のwindowsパ ソコンであった。

ftp explorer

ftpクライアントとして最初にftp explorerを使う。ブラウザからもダウン ロード作業はできるので出番は少ない。長ったらしいurlを憶えてくれるの は便利と感じる。当時は自分のホームページ作成をしてないからアップロー ドとは縁がない。

以前は教育関係者とか家庭内または個人使用においては無料で使えるもので あったが、現在は教育関係に限定され登録が必要らしい。

小道具的な単機能のユーティリティと呼ばれるソフトをソフト会社が作る場 合、最初は無償配布にしてユーザーの反応を見ながら改良してゆき定評が得 られるようになったら有償に移行させることが多い。試用期間を過ぎたら登 録や送金を促すメッセージを出すだけで、その煩わしさを我慢すれば使い続 けられる大人しいものと、試用期間終了後は起動できなくなる厳しいものが ある。

FTP Explorerは、試用期間終了後の起動ができないらしい。

  • FTP Explorer
    http://www.ftpx.com/

    ``Free Licenses for Students and Teachers

    That's right!If you are a student, teacher, or faculty member of an educational institution, you qualify for a free license.Just fill out this form to apply for a free license.

    We've always been a proud supporter of education and thousands of educators and students have discovered the benefits of transferring files with FTP Explorer.''

  • エクスプローラ風 FTPクライアントの本命はレジュームも可能
    http://www.forest.impress.co.jp/obsolete/rev/ftpx.html

小次郎

ホームページの更新に使っている。初めに設定しておきさえすればワンボタ ンで迷うことなく気楽気軽に更新できる。

  • FTPソフト小次郎(かみやん)(ホームページ更新専用FTPソフト)
    http://www.asahi-net.or.jp/~qs7e-kmy/kojiro.html

    「ホームページを更新するのって面倒ですよね。たとえば、100個のファイ ルから成るホームページが作ってあって、今日はそのうち十数個のファイル をいじりました。いざ、FTPで転送しようとしたとき、「あれ?どのファイ ルをいじったっけ?」「えーい、全部おくっちゃえ!」ってなことになりま すね?

    あと、複数のフォルダにまたがった階層的なホームページを作るとフォルダ の移動も面倒。ファイルを選択するのも面倒。ってなわけで、1クリックで 更新したファイルだけ全部一気に転送するFTPソフトを作りました」

  • Webページ更新専用FTPソフト「小次郎」
    http://homepage2.nifty.com/~mrym/comp/kojiro.html

ffftp

勤務先のデスクトップパソコンにffftpがインストールがあるのを見る。た ぶんホームページのアップロードに使っていると思う。ローカルと同じディ レクトリ構造をhttpサーバー上に再現するミラーリングアップロード機能が ある。上記「小次郎」は、ミラーリングアップロードに特化したホームペー ジ更新専用のftp クライアントになる。

  • Sota's Web Page (FFFTP)
    http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/ffftp.html

    「FFFTPはパソコンとサーバー(ホストコンピュータ)との間で、 ファイル をコピーするためのソフトウエアです。

    パソコンの中でのファイルコピーは、ファイルをエクスプローラでドラッグ &ドロップすればできますが、 パソコンとサーバの間でファイルをコピー するときは、FTPソフトウエアが必要になる場合があります。 そのようなと きにFFFTPを使用します。

    FFFTPはファイルをコピーするだけのものです。ファイルの内容は一切関知 しません。 たとえばウエブページのHTMLファイルをFFFTPでサーバにコピー することはできますが、 HTMLファイルの内容がどのように表示されるかは FFFTPとは無関係な事柄です。 もしも文字化けが起こるようなら、それは HTMLファイルの書き方の問題です。」

ws_ftp

フリー版の配布は終ったらしい。本家サイトではない次の場所に置いてある のを見つける。

  • WS_FTP Limited Edition - OldVersion.com
    http://www.oldversion.com/program.php?n=wsftp

    ``Description of WS_FTP Limited Edition

    WS_FTP LE is an easy to use and intuitive FTP client for Winsock.

    It is the limited edition version of WS_FTP Pro, allowing only multiple file transfers and the auto re-get or resuming feature. WS_FTP LE is shareware, available for free to educational users, government employees (U.S. local, state, federal and military) or to non-business home users only.

    As of late, WS_FTP LE is no longer available from Ipswitch. It has been replaced with WS_FTP Home.''

現在の本家サイトにWS_FTP Limited Editionは置かれていない。

windows付属のftp.exe

windowsにもcui(character user interface)のftpクライアントが c:\windows\ftp.exeにある。adsl回線にするまではftp.exeを使おうとした ことはない。慣れないでモタモタしていると電話料金がかさむからである。 常時接続なら時間を気にしなくて済む。マニュアルを見ながらゆっくりキー ボードを打つ時間的余裕がある。接続したままで長らく操作しないのはftpサー バーにとって迷惑であろう。分からなくなったら接続を切ってマニュアルを よーく読んでから再接続する。

ftp.exeを初めて使う際に一番考え込んだのはパスワードを入力する場面で ある。

どのディレクトリに居ても、コマンドプロンプトにftpと打ち込みエンター キーを押すとftpプロンプトの「ftp>」が表示される。このプロンプトの後 ろに「ftp> help」と入れエンターキーを押すと「ftp>」プロンプトから使 えるftp.exeが受け付けるftpコマンドの一覧を表示する。

helpの後ろにスペースを入れ、その後に知りたいftpコマンド名を指定する と一行解説を表示する。他に解説書がないならこれだけが頼りになる。

ホストにつなぐにはopenコマンドを使う。

ftp> open ftp.hoge.com

接続したらuser名を聞いてくる。次はpasswordになる。ftp.exeでのパスワー ド入力では文字を入力してもカーソルは動かない。何文字を入力してもカー ソルは同じ場所で点滅するだけである。通常のパスワード入力場面では打ち 込んだ文字数だけのアスタリスク(*)が並ぶものである。キーボードは壊れ てない筈だから何らかのキー入力に対するトラブルが発生しているのかと思 う。windowsを再起動しても効果ない。カーソルは動かなくてもパスワード を間違いなく打ち込んでみるしかない。そうすると、あっさりつながって しまう。オー、ナントいうことだ。

リモート(ホスト側)でのディレクトリ移動やローカル(自分のパソコン内)で のディレクトリ移動などを試してみる。自分のホームページに gui(graphical user interface)のftpクライアントでアップロード済みのファ イルをftp.exeを使ってダウンロードして操作に慣れる練習をする。

cui操作ftpクライアントをネット検索して次のncftpを見つける。ftp.exeよ りは断然使い勝手がよい。これは仕方ない。ftp.exeは、使うにあたって不 自由はあるかもしれないが必要な機能は一応揃っているというものであろう。 緊急対応のために備えられていると考える。

ncftp

cui版ftpクライアントの検索でncftpを最初に見つける。何種類も試したわ けではないが、これを使うのが無難と思う。

  • NcFTP Software
    http://www.ncftp.com/

    ``NcFTP Client (also known as just NcFTP) is a set of FREE application programs implementing the File Transfer Protocol (FTP).''

    ``Frequently Asked Questions about NcFTP

    Q. Is there a registration or licensing fee to use NcFTP Client?

    A. No, it is free! We would appreciate a donation if you find it useful. Your support allows us to keep maintaining the project!''

  • ftpとncftpの基本的操作方法
    http://www.nurs.or.jp/~sugi/ftp.htm
  • ncftpコマンドの基本的操作方法
    http://www.nurs.or.jp/~sugi/ftp3.htm

    「ftpより他機能化されています。ファイル名の補完機能も使用できます」

    リモートでもローカルでもファイル名補完してくれる。これは便利である。

  • 高機能なFTPソフト(NcFTP)
    http://iris.homeunix.net/yayoi/old/network/ncftp.asp

    「ここで気を付けなければならないのが、ncftpはホスト接続の時に自動的 に匿名ログインをしてしまうことです。ユーザー名とパスがanonymous以外 である場合は、

    > ncftp -u [ユーザー名] [ホスト名]

    としてやる必要があります」

    最初にホスト名だけ入力したら繋がらなくてうろたえる。最初からユーザー 名を入れると少し時間が掛かるが接続できる。オペレーティングシステム付 属のものよりは便利である。

  • NcFTPマニュアル(九州工業大学 学生自治ネットワーク委員会)
    http://www.club.kyutech.ac.jp/support/manual/ncftp.html
    「NcFTP(ニックエフティーピー)』はいろいろと便利な機能を持つコマン ドライン型FTPクライアントソフトです」
  • ちょっと通っぽいツールNcFTP、Lynx
    http://www.page.sannet.ne.jp/kanachin/ppp/chap6.5.html
  • Manpage of NcFTP (Ncftp - インターネット ファイル 転送プログラム)
    http://www.linux.or.jp/JM/html/ncftp/man1/ncftp.1.html
    「NcFTP はインターネット標準の File Transfer Protocol に対するユーザー インターフェイスである。 リモートネットワークホストとのファイルの送 受信を行い、 標準の ftp にはない付加的な機能を提供する」

winscp (Windows Secure CoPy)

作者Martin Prikrylはチェコ共和国の人らしい。

installation package(winscp417setup.exe)とpotable executable(winscp417.exe)のどちらかを選ぶ。winscp417.exeはダブルクリッ クで起動するwinscp本体である。終了後に同じディレクトリに初期設定ファ イルwinscp417.iniが作られる。ヘルプはブラウザを通して見るオンライン ヘルプになる。

  • WinSCP :: Introducing WinSCP
    http://winscp.net/eng/docs/introduction
    ``WinSCP is an open source free SFTP client and FTP client for Windows. Legacy SCP protocol is also supported. Its main function is safe copying of files between a local and a remote computer.''

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

ココログをオフ書きする

ココログをオフ書きする

従来型のホームページは自分のパソコン内でhtmlタグの入ったソースファイ ルを作りブラウザで表示確認する。よいとなったら関係ファイル一式をftp クライアントソフトでサーバーにアップロードする。

インターネット常時接続の時代になってからはホームページ作成ソフトがサー バー側にありそれとインターネット越しに対話しながら作成するようになる。 作成方法がオフ書きの従来型からオン書きのブログ型に変わる。

電子メールも、メールソフトを使うことなくブラウザだけを使ってのやり取 りができるようになっている。しかもメールそのものはサーバーに残したま まで自分のパソコンにダウンロードしなくてよい。

メールに付き物であったウィルスをメールサーバー側でチェックして駆除し てくれるサービスもある。

ココログ(ブログ)はオン書きするのが普通と思う。しかしサーバー側にあ る「typepad」を使い慣れるには時間が掛かる。慣れたテキストエディタを使 いたい。そこでhtmlタグの入ったソースファイルをローカル(自分のパソコン) で作ってしまう。それをココログの編集画面にコピーアンドペーストするとい うオフ書きを開設当初からしている。

ココログにオフ書きで投稿を続けていたのだが、あるときヘンになっている ことに気づく。行頭にインデントがあるとき文章がそのインデント分だけの スペースが入って分断されたものになる。

ソースファイルに空行があるとそれが異常に広くなる。びっしりと詰った 記事よりはスカスカのほうが読み易くはある。そのぶん内容が薄っぺらになる 気がする。あらかじめhtmlタグ入りでつくってブラウザで大体の見栄えを確認 している。それとあまりにも違う見て呉れは困る。

編集画面の右上に「この編集画面の表示設定を変更する」というリンクボ タンがある。これを開いてみると「見た目通り」のリッチテキストモードがあ り、それにチェックが入っている。オー、ハンニンはこれかもしれないとプレー ンテキストモードに変更する。編集結果が失われるというような不気味なメッ セージが出たが構わずにokする。原本はパソコン内にあるからどうってことは ない。

この変更で二つの編集画面すなわちリッチテキストモードとプレーンテキス トモードの違いに気付く。リッチテキストモードでは「記事の作成」と 「HTML の編集」の二つのどちらかに切り替えることができる。ココログ開 設時はリッチテキストモードになっているらしい。確か開設当初にプレーン テキストモードに設定したような気がする。

ココログのヘルプを繰ってみると「IE or Firefoxの時のみ、「記事の作成」 と「HTMLの編集」(のボタン)が出てきます。Safariだと未対応なので、出て きません」とある。ブラウザとして主にoperaを使っていたが、今回は久し 振りにfirefoxから編集を始めた。これが原因らしい。とするとhtmlタグ入 りソースをコピペする私の編集方法のときに「記事の作成」が現われるよう ならリッチテキストモードからプレーンテキストモードに設定替えしなけれ ばならないことになる。

ココログの編集システムである「typepad」がココログ投稿者のブラウザの 種類を判定して自動的にセットしているらしい。私の場合はブラウザの種類 に関係なくプレーンテキストモードを使いたい。「記事の作成」ボタンが現 われた場合は「この編集画面の表示設定を変更する」から設定変更する。そ うしないと文章が数個のスペースで分断されたりのトラブルを生じる。

編集モード

この画面では、記事の見た目を確認しながら記事作成が可能なリッチテキス トモードと、従来どおりのシンプルなプレーンテキストモードを選択できま す。

ご注意:いくつかのブラウザーではリッチテキストはご使用になれません。 例としては、Safari, Opera, Camino, Macintosh Internet Explorerなどで す。

リッチテキストとは何であろうかを検索してみる。リッチテキストモード は「typepad」の編集モードの一つであって、リッチテキストそのものではな い。が、その由来を知っておくのは無駄にならない。

「テキストのうち、表示可能な文字列と、改行などの一部の制御情報のみを含 むテキストデータは、特にプレーンテキストと呼ばれる。プレーンテキスト に対して、フォントの色や下線、強調文字といった装飾的表現を可能にする 属性を含んだデータは、リッチテキストと呼ばれる」とある。

  • パソコンのリッチテキストとは、どういうものでしょうか? - 教えて!goo
    http://oshiete1.goo.ne.jp/qa199582.html
  • リッチテキストとテキストの違いを教えてください
    http://questionbox.jp.msn.com/qa4464234.html
  • MSN相談箱 リッチテキスト
    http://questionbox.jp.msn.com/qa406893.html
  • 「ワードパッドを使用して文章を作成し、リッチテキスト形式で保存してい ます。それらのファイル内に含まれている語句を、エクスプローラーの検索 により検索しても、結果にリッチテキストファイルが表示されません。他の ファイル(ドキュメント、テキスト)は正常に検索結果として表示されま す」

    「答えは非常に簡単で、「テキストが無いからです。」エクスプローラの検
    索機能を使いたかったら、MS-WORD形式か、テキスト形式で保存してください」



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »